モーション研究所

3DCG制作初心者 モーションキャプチャ ゲーム制作 CG動画解析や手付けモーションに関する情報サイト デザイナーを目指す初心者必見 Softimage_XSI_Motionbuilder 専門学校情報もあります
CG制作でモーションデザイナーになりたい人向けのブログです、3Dソフトは何を使うのか?CGアニメーションの作り方などをご紹介します。
ゲーム業界で動画制作や画像処理を行なっているCGクリエイターのブログです、最近ではソーシャルゲームアプリ開発もとても重要になってきた!モーションの面白さや参考になる動画素材、モーションの作り方とテクニックの紹介など。
MMDことミクミクダンスやBlenderなど、だれでも無料で簡単にCGアニメーションが作れる時代になってきたので、プロのCGデザイナーとして今後どうあるべきかが問われる。さあ、みんなでモーション作ろう!
最新記事
 

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  Taglist
にほんブログ村 デザインブログ 3DCGへ    | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オートデスク2014 Maya 3dsMAX Softimage MotionBuilder 販売開始 【Autodesk2014】



オートデスク2014 Maya 3dsMAX Softimage MotionBuilder

オートデスクの3DCGアプリケーションの2014日本語最新版が、4月12日に出荷されました!


Autodesk Maya 2014
Autodesk 3ds Max 2014
Autodesk Softimage 2014
Autodesk MotionBuilder 2014

業務上、Softimage MotionBuilder を良く使わせていただいていますので
オートデスクさんには、大変お世話になっております


さてさて、CGソフトのバージョンアップはとても期待をしているのですが
やっぱり価格が気になりますよね。
正直、個人で購入する強者はなかなか居ないと思いますが。
うちの会社入れてくれるかなぁ。


では、今回オートデスクのバージョン2014にはどんな機能があるのでしょうか?
やはりモーションで期待すべき所に焦点が行ってしまいますのであしからず。




MAYA2014の新機能



Maya2014公式ページ



Maya2014では新機能として3Dビュー上に直接ペン入れが出来る機能が追加されています

用途としては、
特定の時間(シークエンス)にキャラクタを指定位置にレイアウトする
画コンテでは把握しきれない動き
原画担当やディレクターの意思
タイミング取り
カット割りの溜め時間

これらを視覚的に保存できる事で、作業効率も長いスパンのCG制作ではコストダウン出来ますね。





こちらはジョイントの対称コントロールと、対象ポリゴンメッシュのセンタリング機能
リグ組みやアニメーションでミラーリングできるということでしょうか?
でもこういった物は既にプラグインでありそうだけど・・・
とりあえず骨を筋肉のど真ん中に配置したい場合は役に立つ

Maya2014の価格


3dsMax2014の新機能



3dsMax2014公式ページ



これは面白い!
群集シミュレータですね。色々と条件がありそうですが、やっていることはゲームエンジンそのもの。
指定エリアに対して移動させる
アイドリング(待機)モーションさせるなどAIが必要な要素が使えるのはすばらしい。

それ相応のグラフィックボードや(QUADROなど)が必要かと思います
また、サンプルは用意されてそうですが、実際は群集の為の素材、つまりキャラクタとモーションを沢山
用意しておかないと、生かされないでしょう。 まーそれを作るのが大変なんですけどねw

ただデータ容量の軽いキャラでないと、動かない恐れがありそうですが。どうだろ?

3dsMax2014の価格


Softimage2014の新機能



Softimage2014公式ページ



ぐぬぬ・・。
正直アニメーション強化を期待していたのですがカメラシーケンサとはね。
まー、利便性は評価したいのですが、手順の多さとパフォーマンスが遅いですね。
Softimageユーザーとして少し残念。



群集シミュレーションですね。
コピペした大勢のキャラクタに対してランダムな物理演算をかける様子が売りですね
これもまた、セッティングに時間がかかってしまうのが難点でしょうか?

Softimageは細かいアニメーション作りとしては、とても便利で使いやすいのですが
レイアウトを組むにはパフォーマンスが低下するのが辛いです。

Softimage2014_FBX

画像のみですが、FBXのサポート強化がされたようです
今まではインポート、エクスポートは古いプラグインしかありませんでしたが
ソフト間の受け渡しが簡単になるってことですかね。これが一番の収穫かもw

Softimage2014の価格


MotionBuilder2014の新機能



MotionBuilder公式ページ



モーションビルダーはモーションキャプチャーデータを頻繁に使う事から、すばやくキャラクタに
モーキャプデータを流し込むかが重要となってきますね。
2014ではマーカーを骨に定義する方法が、より簡単になっているようです。




ファイルを参照するAPI
様々なデータの呼び出しが簡単でパフォーマンスが良いのが売りですね
pythonスクリプトなど、プログラムによる処理が今まで以上に便利になっているようです。

MotionBuilderの価格




こうしてみると、ハイエンド3DCGアプリケーションのシェアは、ほぼAutodeskの一人勝ちですね。
とりあえずモーションに特化した新機能を揃えてみました


オートデスクのアプリケーション一覧
実際には沢山の機能が言わずとも満載ですので公式見たほうが早いかもw


CG制作者の方は新製品って出たらすぐに導入するものなのでしょうか?(教えてほしい)

ライセンス料だって、馬鹿に出来ない額でしょうし
今まで開発した独自のプラグインが対応するかどうかも不安でしょうし。
なんにせよ、早く触ってみたいものですな。






  Taglist   Maya  Softimage/XSI  Motionbuilder
にほんブログ村 デザインブログ 3DCGへ    | 3D・CG研究所 | TB(0) | CM(0)
3D・CG研究所 の一覧

CG関連の最新情報を知りたい人向け
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL




  サイトマップ(記事一覧)


  CG雑誌関連
  最新のCG雑誌の一覧です









アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
833位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン
27位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。