モーション研究所

3DCG制作初心者 モーションキャプチャ ゲーム制作 CG動画解析や手付けモーションに関する情報サイト デザイナーを目指す初心者必見 Softimage_XSI_Motionbuilder 専門学校情報もあります
CG制作でモーションデザイナーになりたい人向けのブログです、3Dソフトは何を使うのか?CGアニメーションの作り方などをご紹介します。
ゲーム業界で動画制作や画像処理を行なっているCGクリエイターのブログです、最近ではソーシャルゲームアプリ開発もとても重要になってきた!モーションの面白さや参考になる動画素材、モーションの作り方とテクニックの紹介など。
MMDことミクミクダンスやBlenderなど、だれでも無料で簡単にCGアニメーションが作れる時代になってきたので、プロのCGデザイナーとして今後どうあるべきかが問われる。さあ、みんなでモーション作ろう!
最新記事
 

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  Taglist
にほんブログ村 デザインブログ 3DCGへ    | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アクションフィギュアで3DCGキャプチャできる【QUMARION】とは







3Dモデルを手付けで動かそうとした場合、たくさんのボーンやコントローラを1つずつ選択してポーズを作り出します
手付けモーションを作ったことある人は苦労がよくわかるかと思います


そんな大変な作業を短時間でこなしてくれそうなのが【QUMARION】クーマリオン という
USB接続のアクションフィギュアです。
簡単に言うと人形を使ったモーションキャプチャですかね。


QUMAのいいところとは



・USB接続である(Mini USB2.0)
 おそらくインターフェイス型のデバイスが接続可能な3DCGアプリケーションはSDKなどで
 対応可能と思う。

・アイドリングモーションに使える
 ポーズが作れることで、待機(idling)モーションのベースが量産が期待できる
 あとは呼吸のようなモーションを追加してやれば出来上がる

・稼働関節数
 16ヶ所(32センサー)あるので人形として考えて十分かと思う

・価格
 67,800円(税込) 一見高そうに感じるが商用と考えた場合かなりのコストパフォーマンス
 になるのでは?





イイネ
個人で購入してもいいレベル
MMD(MikuMikuDance)でも接続できるんじゃないか?
ニコニコ技術部に期待!

当然?モーションビルダーやsoftimage xsi maya 3ds Maxなど高性能な3Dソフトは接続可能かと思います
SDKは必要かとは思いますが。

どうやらmaya 3ds Max の接続用プラグインが配布されるみたいだね。



仕様
サイズ(幅×高さ×奥行き) 29.0×30.8×10.8 (cm) 
※腕を左右に広げ、直立した際の大きさです
質量 255g
インターフェース Mini USB2.0
電源 USBバスパワー
消費電流 100mA
動作環境 温度:0℃~40℃、湿度:20%~80%
稼働関節数 16ヶ所(32センサー)


予約開始が2012年5月24日(木)



QUMARION
公式サイトです
個人的に予約しようかと思います

皆さんはどう思いますか?





モーションキャプチャ研究所 の一覧

CG関連の最新情報を知りたい人向け
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL




  サイトマップ(記事一覧)


  CG雑誌関連
  最新のCG雑誌の一覧です









アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
608位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン
31位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。