モーション研究所

3DCG制作初心者 モーションキャプチャ ゲーム制作 CG動画解析や手付けモーションに関する情報サイト デザイナーを目指す初心者必見 Softimage_XSI_Motionbuilder 専門学校情報もあります
CG制作でモーションデザイナーになりたい人向けのブログです、3Dソフトは何を使うのか?CGアニメーションの作り方などをご紹介します。
ゲーム業界で動画制作や画像処理を行なっているCGクリエイターのブログです、最近ではソーシャルゲームアプリ開発もとても重要になってきた!モーションの面白さや参考になる動画素材、モーションの作り方とテクニックの紹介など。
MMDことミクミクダンスやBlenderなど、だれでも無料で簡単にCGアニメーションが作れる時代になってきたので、プロのCGデザイナーとして今後どうあるべきかが問われる。さあ、みんなでモーション作ろう!
最新記事
 

スポンサーサイト

Taglist

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パフォーマンスキャプチャーの魅力と苦労【BEYOND: Two Souls】

Taglist   モーションキャプチャ   フェイシャル   テクノロジー   ゲーム制作   メイキング

BEYOND_Two Souls_ビヨンド ツー ソウル_01

2013年予定発売予定のPlayStation3ソフトBEYOND: Two Souls (ビヨンド ツー ソウル)

ゲーム開発で行っているパフォーマンスキャプチャーについて公式にメイキング映像が出されています
パフォーマンスキャプチャーとは、従来から行っているモーションキャプチャーより
さらに精細に収録するスタイルで、今までのボディ収録に加え、フェイシャル、フィンガー、
装飾した付属物(髪の毛や尻尾とか)、大道具、小道具など、
すべて取り込んだようなモーションキャプチャースタイルです。


BEYOND: Two Souls (ビヨンド ツー ソウル)の開発現場とMotionCaptureについて
少し考えてみようかと思います




【続きを読む】
スポンサーサイト

ゲーム業界に必須スキル!モーションキャプチャによる3DCG合成

Taglist   モーションキャプチャ   ゲーム制作   Motionbuilder   Endorphin   物理演算   VFX   映画

 
ゲームを作るには?と学校選びに悩んでいる初心者の方は
モーションキャプチャの講習があるところを選ぶべし


デザイン学校では最近モーションキャプチャに力を入れているようで
Motion Builder (モーションビルダー)を使うところが増えている

ゲーム制作、映画製作、VFXなど今やモーキャプは必須条件になっている
手付けアニメーションのスキルが段々と減っていくのではないかと心配である

 エンドルフィン


しかし、時代はキャプチャに傾いている、CG映画、ゲーム、はたまた医療関係まで
Motion Capture が使われている

たいていはモーションビルダーが使われていて今のところソフト選びは悩まなくて済むがな


てなわけで
今回面白いモーションキャプチャの編集ソフトを紹介します 


【続きを読む】

3DCG手付けモーション上手すぎ!【続編 キター!】

Taglist   手付け   カメラ   エフェクト   ゲーム制作

Monty Oumさんの作品 「Dead Fantasy Episode 2」

知らない間に出来ていましたね。
いやー、もう売り物として成立している完成度です。

Dead Fantasy 2


続編の前に  「Dead Fantasy 1」 を見直してから見てみるとよいでしょう



続編は続きを御覧くだされ




【続きを読む】
   | 3D・CG研究所 | TB(0) | CM(0)

3DCG手付けモーション上手すぎ!【動画】

Taglist   手付け   カメラ   エフェクト   ゲーム制作

Dead Fantasy 1

ゲームのMADムービーですがこんなにもモーションがうまくてびっくりした。
FF10-2とDOAのキャラが戦う動画です。


はっきり言ってゲームとして成り立っている構成と動きです。
手付けモーションの労力を考えてもよっぽど暇としか思えない(褒め言葉)


作品は Monty Oum さんが作ったものです。アニメーターは2人位で作業したみたいです。






使用ソフトは一体なんだろう?MotionBuilderかMAYAかXSIか。
とにかくグルグル回るしジンバルロック掛かりまくりだろうにビクともしてない。


カメラ構成も素晴らしくエフェクトもそれなりにうまい。


ハイポリゴンモデルでムービー作りしたら相当売れる作品になると思うのだが。

見たことある動きが多いのでモーションは格闘ゲームなどから参照しているようですが
ブレンド具合、相手との距離感、絡みモーションの際のお互いのタイミングなど
これだけ連続して作るのは一筋縄ではいかない。

きれい、きたない。といった概念を消してしまうほどに構成がいいので粗が気にならない。
モーションブラーが好きみたいで多様しているのがわかります。



その他の動画もあります。

【続きを読む】
   | 3D・CG研究所 | TB(1) | CM(4)

評価したい ストリートファイター4 【Street Fighter IV】

Taglist   ゲーム制作   手付け   カメラ   ストップモーション   物理演算

モーションの魅力を引き出すには演出がキモとなる事が良く分るストリートファイター4にあっぱれ!
プレイ動画もありましたので評価してみたいと思います。

Street Fighter IV
2Dモーションを熟知しているからこそ3Dモーションが栄えて見えるといっていいくらい演出面で
絶賛してしまう。

一つ一つのモーションは普通ですが、カメラ、エフェクト、サウンドなどが入ってみると
こんなにも魅力的になるものかと。 おそらく、画コンテがしっかりしているのではないでしょうか。

リアルタイム感、ストップモーション感、スローモーション感と人間が好む心理状態を作り出している。

モーションはベタ作りなのかエンジン上でシークエンス調整しているのかは不明ですが作っている
デザイナーさんはそぞかし楽しかったでしょうな。
狙ってやっているか、結果そうなったかは分らないですが、とにかくバランスが良い。



水墨画風は演出は3D系のムービーでたまに見受けられ背景によく用いられているが
こちらでは動的な 表現で気持ちいい。  



他にもゲームプレイ動画がありましたのコメントしたいと思います。

【続きを読む】



  サイトマップ(記事一覧)


  CG雑誌関連
  最新のCG雑誌の一覧です









アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
608位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン
31位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。